居酒屋でアルバイト

わたしが初めてアルバイトをしたのは高校生の頃で、
アルバイトの内容は大手チェーンの居酒屋さんでした。
仕事内容は、最初は注文を取り、テーブルを見て回り、
空いているお皿を下げる事が主な仕事でした。
初めてのアルバイトという事で、とても緊張しましたが、
店長や先輩たちはとても優しく、仕事は楽しかったです。
ただ一つ大きな声でのあいさつはいつまでたっても苦手でした。
アルバイトも3か月を過ぎると、調理場に入り、お客様に出す
料理の補佐をすることになりました。

メインのサラダを出したり、メイン料理の付け合せをセットしたりと
大忙しでした。また調理場はガスを使っているので、とても暑く、
夏場は汗をびっしりとかきました。しかし、調理場も慣れてくると
自分で焼き鳥を焼いたり、焼きそばなどのフライパンを使って行う
料理も作れるようになりました。バタバタ忙しいですが、
時間の過ぎるのも早かったです。

居酒屋でのアルバイトは高校生の間ずっと続けました。
今は普通に会社勤めをしていますが、この居酒屋で学んだことは
現在でも生かされていると思います。
毎週、金曜日は仕事を早めに終わらせて同僚と居酒屋に行くのが楽しみです。
この習慣も居酒屋でアルバイトをしていたからだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>