居酒屋バイトはオススメできません

居酒屋って今沢山ありますよね。ちょっと飲みたい時とかにすぐに利用できるし、だいたい席も空いているし、利用しやすいってところがあると思います。最近では、人手不足なために、結構時給もよかったりするんですが、正直言って居酒屋のアルバイトってオススメできない部分が沢山あります。

例えば、夜遅くの勤務になるので身体が完全な夜型になってしまいます。大学生なんかは体力もありますけど、あまり長く続けるものではないと思います。一度崩れてしまった生活習慣っていうのはかなり直すのが大変です。就職活動をする段階になって、朝型にシフトさせようとしても、うまくいかないケースもあります。そのまま夜の世界に就職しちゃう人もいますが、それってとてももったいないことだったりもします。

また、どうしても居酒屋というのはノリが大事なので、合う人には合いますけど、合わない人にはとことん合わないところがあります。体育会系のノリというのでしょうか。上司に厳しく言われることもありますし、時にはお客さんからあれこれ言われたりもします。お金のためと割り切れるならいいですが、気をつけた方がいいと思います。”

地元の素材で、厳選した日本酒が置いてある、それが条件

居酒屋は、そこらじゅうにたくさんあります。
しかし、自分の場合、きれいなチェーン店や見かけだけの居酒屋は大嫌いで、会社の飲み会以外使いません。
自分の選定基準は、地元の素材を使ったオリジナルの手作り料理を出してくれ、厳選した日本酒を飲ましてくれる居酒屋。
最近の居酒屋は、まず手作りではない。冷凍食品を使い、ほとんどアルバイトが温めただけの料理がほとんど。だから上手さがない。手作りかどうかもわかりますよね。

そして、地元の素材なんか使わない。外国産の素材を平気で使う。
お酒もどこの酒か分からない酒を飲ます。チェーン店の日本酒は味がないですよね。
キチンと店主が素材を選び、それを調理り、それに合った日本酒を提供する。そんなシンプルな居酒屋を利用するようにしています。

結局、5千円程度は使ってしまうので、どうせなら自分の納得する居酒屋で飲みたいですよね。
ちなみに、地元では「K」という割烹居酒屋が好きで、ここは店主の選りをかけた料理と、厳選した日本酒を提供してくれます。もう一度行ったら、他のお店には行く気になりません。そんなお店です。

地元の素材で、厳選した日本酒が置いてある、それが条件